投稿日:2022年1月14日

エレベーターの事故を防ぐために施されている3つの対策

こんにちは!埼玉県川越市に拠点を置き、昇降機やエスカレーターの点検・メンテナンス・リニューアル工事などを手掛ける、スカイエレベーター株式会社です。
エレベーターはとても安全な乗り物で、毎日いろんな人が利用しています。
でも毎日安心してエレベーターが利用できているのは、事故が起きないよう安全対策が施されているからなのです。
今回は、エレベーターの事故を防ぐために施されている代表的な安全装置について解説いたします。
エレベーターの設置を考えている方には知っておいてほしいことなので、ぜひ最後までご覧ください!

セーフティシューの設置


セーフティシューは、エレベーターの扉に物が挟まるのを防ぐための安全装置です。
エレベーターの内側の扉と外側の扉の間に設置されています。
体や荷物などなんらかの物がセーフティシューに触れることで、扉が自動で開く仕組みになっています。
そのため、セーフティシューが壊れていない限り、体全体が扉に挟まれることはありません。
ただし、外側の扉にだけ手が触れているなど、セーフティシュー以外の部分に触れている場合はそのまま扉が閉まってしまいます。
また、マフラーやポシェットの紐、服の裾など柔らかい・細い素材も感知しないことがあります。

戸開走行保護装置

戸開走行保護装置とは、エレベーターの停止位置がずれた場合や、扉が完全に閉まる前にエレベーターが動き出した場合などに自動的にエレベーターを制止させる装置です。
平成21年に設置が義務付けられました。
戸開走行保護装置があれば、乗降場所でないところで扉が開いたり、扉が開いたままエレベーターが動いてしまったりといった事故を減らせます。

地震時管制運転装置

地震時管制運転装置とは、初期微動を感知して本震が来る前に最寄り階へ自動運転するというものです。
階と階の間で止まって乗客が閉じ込められるといったことを防ぎます。
最寄り階へ到着する前に本震を感知した場合は緊急停止しますが、一定時間待って問題なければ自動で運転再開します。

昇降機の改修・点検は弊社にお任せください!


弊社は、お客様のご要望にしっかりお応えできるよう「昇降機検査資格者」を持つベテランスタッフを配置しております。
ご利用中の昇降機において、何かトラブルや気になる点はございませんか?
川越市を中心とした埼玉県近郊で、エレベーターやエスカレーターの点検・メンテナンス・リニューアル工事が必要でしたら、ぜひ弊社までご連絡くださいませ。
お電話もしくはお問い合わせページよりご連絡をお待ちしております!
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

スカイエレベーター株式会社
〒350-0806 埼玉県川越市天沼新田5-10
電話:049-298-7607 FAX:049-298-7650

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

施工事例を更新しました!

施工事例を更新しました!

こんにちは!埼玉県川越市のスカイエレベーター株式会社です。 弊社は埼玉県川越市を中心にエレベーター・ …

荷物用エレベーターのかごドア1枚交換工事

荷物用エレベーターのかごドア1枚交換工…

こんにちは! 昇降機のメンテナンス、据え付け・リニューアルなどを行っている埼玉県川越市のスカイエレベ …

小荷物専用昇降機のことなら、弊社にお任せください!

小荷物専用昇降機のことなら、弊社にお任せ…

こんにちは!スカイエレベーター株式会社です。弊社は埼玉県川越市を拠点に、埼玉県近郊で昇降機やエスカレ …